住宅メーカーや工務店の建てる住宅とは一味違うのがデザイナーズ住宅です。東京は建築デザイナーが多く活躍している地域です。住宅を建てるのにデザイナーを利用しやすい環境が整っています。デザイナーズ住宅は住宅メーカーに依頼する場合と異なり、一定の準備が必要です。なんでもやってくれる住宅メーカーとは異なり、デザイナーはデザインに特化した存在です。自分でできることは自分で準備し、デザイナーに負担をかけない心構えが必要です。特に、土地の取得と住宅資金の借り入れは、デザイナーには依頼しにくい部分です。土地の取得は不動産業者に依頼することで、希望にかなう物件を見つけることができます。融資は銀行の業務範囲です。融資が必要な場合は早めに金融機関を訪れ、相談することが必要です。

デザイナーを探しやすい東京の有利性

住宅のデザイナーには二種類あり、住宅メーカーなどの企業に所属するインナーデザイナーと、独立して設計事務所を営む建築家に分かれます。デザイナーズ住宅の設計を担当するのは独立しているデザイナーです。東京は独立して設計事務所を営む建築家が多く活躍し、デザイナーとしても活動しています。デザイナーズ住宅の依頼先はデザイナーの活動状況により分かれます。工務店と提携して住宅のデザインを行う場合と、建築家同士がスタジオをつくり、独自にデザイナーズ住宅の設計を行う場合があります。従来の設計事務所と異なる点は営業の形態です。従来は建築家が積極的に営業を行うことはありませんでしたが、デザイナーズ住宅の場合は積極的な営業活動を展開します。一般の利用者はそれだけデザイナーを探しやすくなったと言え、ネットや宣伝媒体により、自分に合う設計者を見つけることができます。

デザイナーに依頼する前にしておきたい準備

デザイナーズ住宅は住宅メーカーが建てる住宅と異なり、標準的な形が決まっているわけではありません。自由に自分の主張を表現できるのがデザイナーズ住宅の最大の魅力です。デザイナーは依頼者の主張を最大限表現しようと、協力者になってくれます。一方、自分はこうしたいという主張や希望がはっきりしていない場合は、デザインは難しくなります。東京でデザイナーズ住宅を依頼する前に準備することは、どんな住宅を建てたいかの考えをまとめておくことです。自分や共に住む家族の住宅に対する考え方は、形になっていなくてもかまいません。形を考えるのはデザイナーの役割です。依頼者が考えておかなければならないのは、住宅のコンセプトです。基本的な設計方針といっても良いコンセプトは、東京でデザイナーズ住宅を依頼する場合に必要です。