東京でデザイナーズ住宅を建てるために必要なこと

東京都内で一戸建て住宅を建てる場合にはまず土地探しから始められます。希望する土地や人気のある土地というものもありますが地価は高く、広い敷地を手に入れることは次第に難しくなって来ています。そのような中にあって外観デザインに優れるデザイナーズ住宅を建てたい場合には建築設計事務所に依頼する場合も多いものです。なぜならたとえ狭小土地であっても木造に限らずRC造やS造など色々な分野の構造に精通し、しかも都市計画法や建築法規にも通じている為に法的な制限を受ける場合であってもこれをうまく解決してくれてその上いいアイデアを持って計画してくれる可能性が高いからです。従ってデザイナーズ住宅を建てる場合には土地のこともよく知っている良い事務所を探す必要があるようです。

どのような設計事務所があるのか当たってみることも必要です

建築設計事務所に依頼する場合には予算も土地と建物双方かかって来ますから、予算に合わせた土地探しを行う必要がありこれを行っているところがあります。そして予算面から狭小土地になった場合には事務所がこれまでに手掛けて来た作品を見せてもらうことで自分たちと相性の言いデザインであるかどうかを見極めることもできます。それには過去の作品集もサイトに掲載されている場合がありますのでこれらが参考になります。そして会社の内容を調べたり設計担当者によってばらつきが起こらないか、真摯に向き合って担当してくれるのかも心配になりますので、その点は口コミ情報等を当たって確かめるという方法もとれます。写真で分からない点があれば実際の施工例を現地に行って確かめるという方法もとれます。

デザイナーズ住宅の進め方としては

東京では予算面では土地と建物への配分となりますから柔軟に対応してもらう場合もあります。住宅設備や建材、内装インテリア、エクステリアなどに及ぶために場合によってはコストプランニングを伴って内壁の総長さを減らしたり、建具や電気設備、照明器具に至るまで必要最小限に留める場合も出て来るかもしれません。そして採光や通風性、機能性、気密・断熱性、省エネ性に配慮され耐震性や耐久性にも問題のないように計画を進めてもらうようになります。打ち合わせの時間は十分に持ち要望は多く聞いてもらい、アイデアも出し合いながら進めることになります。東京の設計事務所は間取りが出来ると屋根を乗せるという考え方ではなく機能性と共に立面図や外観を同時並行的に進めてくれますのでそこが特徴とも言えるところです。

不要なマージンを排除した自社開発の建材は、低コストでも良質。 いい家を作るためには、いい素材が重要。 デザインと住みやすさを両立する住宅なら東京組におまかせください。 良質な素材のために東京組は、建材を自社開発しています。 デザインや品質はもちろん、安全やコストのすべてのバランスがとれた家こそ「良い家」。 お客様の住まづくりのプラン作成から、細かく対応します。 東京でデザイナー住宅を探そう